昼間めしを食べたり年頃周などを勉強しました

昼間食事を食べました。チャルメラの醤油テーストのカップラーメンを食べたのちに唐黍ポタージュを呑みました。中にはクルトンなどが入っていました。久しぶりに食べましたが、美味しかっただ。そして、地球について授業しました。秒(″)は考え方の1度が考え方の60取り分で、考え方の1取り分が考え方の60秒だ。時周視差は1″より狭く、実測がむずかしかった結果1838時まで確認できませんでした。天球ときの恒星の個性の動きは、恒星の設定によって異なります。地球が運動していれば、星からくる輝きは実践の道のりの今しがたから来るように見える。これは、動いている汽車の窓から感じる雨粒のしたたる路線と同じです。地球が公転していれば、恒星の言える路線は1時循環で変化するハズで、こういう変貌のがたいを時周光行差といいます。時周光行差の最大値はどの恒星でも約20.5″で、時周視差の集計よりなんとも大きかった結果、時周視差より少なく、1727時に実測されました。アイトレーニング 自宅