地層や域理などについて稽古をしていました

地層などについて授業しました。特有や水、氷河の感化、あるいは化学的トランスフォーメーションなどにより徐々に細片化された砕せつ物は、低い所に運ばれて堆積産物となり地層を形成します。そういった一連の過程は事実も現在も似たものであったと考えると、堆積産物や地層を探ることによって、過去の地表のムードをリペアできます。堆積物は重力によって低所に運ばれ、凹地を閉じるように堆積するので、その上面は総じてフラットになります。こういう堆積産物の上に目新しい堆積産物が順次堆積すると、それぞれの堆積物はその変動を別の堆積物ではさまれた板状の拡がりを有するものになります。そういった板状の堆積産物(および堆積岩)を地層といいます。地層と地層の間には、しばしば明瞭なラインが見られます。地層の層状組み立てを域理、またその境界件を域理件(地層件)といいます。1枚の地層は2つの域理件で境されます。このようなことを授業しましたが、知らなかったことが多かったので知れて良かったです。簡単に借りられる キャッシング